NHK高校講座

NHK高校講座

今回ご紹介するのはNHK高校講座です。

 

NHK学園高校という通信制高校の教材ですが、元々は全国の通信制高校生の自宅学習に役立つことを目的に放送が始まったので誰でも視聴ができます。
NHKにてテレビ・ラジオ放送もしていますが、インターネットでも公式ホームページにて今すぐ利用できます。

 

 

良い点

無料でいつでもどこでも何度でも観られる

NHK教育テレビジョン(NHK Eテレ)およびNHKラジオ第2放送で観ることができますが、受信料以外の料金はかからず、公式ホームページでの視聴も無料というだけでなく登録も不要です。

 

さらにPCだけでなくスマートフォンやタブレットでも視聴ができるので、誰でもいつでもどこでも何度でも視聴できます(Adobe Flash Playerをインストールする必要があります)。

 

高校教師や大学教授が監修

有名校の教師や大学教授監修のもと高等学校学習指導要領に基づいて制作されているので、信頼して受講できます。

 

1つの動画の長さが20分

1つの動画の長さは20分と長くないので集中力が切れづらいです。

 

テレビ映像の場合は多くが1講座につき20分×20回or40回、ラジオ放送の場合は1講座につき20分×42回or84回となっていますので、「1日に○回」というように計画を立てるなどしてコツコツこなしていくと良いでしょう。

 

コンテンツが充実

テレビ、ラジオでこれまで放送されたコンテンツが公式ホームページで視聴が可能です。

 

それだけでなく過去2年間の放送も「ライブラリー」で視聴ができます。「ちょっと合わないな」と思ったら、年度を変えることで自分の気に入ったほうを選ぶことができます。

 

個々の講座にはそれぞれ、

 

実質のテキストであるPDF形式の「学習メモ
一目で授業の内容が分かるレジュメの「文字と画像で見る
クイズ形式の「理解度チェック

 

があり補助教材も充実していて至れりつくせりです。

 

基礎的な内容が中心

レベル的には基礎的な内容が多いため、わからなくて止まってしまう事ということもなくストレスなく進めることができます。

 

2010年くらいまでは「ザ・講座」という感じでしたが、2011年くらいからだんだんとバラエティー色が強くなっていき、芸人やタレントが出演するようになりました。そのためバラエティー番組を観るかのような感覚で受講することができます。

 

学校の授業の予習・復習の補助のほか、軽く総ざらいしたいときなどに最適なコンテンツになっています。

 

オススメの科目は社会

特に社会全般の科目に関しては大学受験にも役立つ情報が満載で、学校の授業ではイメージがしにくい内容などを映像で観ることができるという点でオススメです。勉強の合間に気分転換として観ることもできるかと思います。

 

 

注意点

全てが映像授業ではない

英語や国語の大部分、地歴以外の社会科目、数学Uなど科目によってはラジオ放送となり、全てが映像授業というわけではありません。

 

ラジオはテレビより眠くなりやすいですし、数学をラジオでやるというのは結構辛いのかなと個人的には思います。

 

応用的な内容が少ない

応用的な内容が少ないだけでなく試験で点を取るような内容でもないため、大学受験に完全対応しているとは言いがたいです。

 

あくまでも補助教材としての利用が前提になるかと思います。

 

 

まとめ

 

大学受験用には別に勉強が必要で、そういう意味では完全に塾や予備校や参考書の代わりになるものではありませんが、無料で観られるコンテンツですので活用して損をするということはありません。

 

基礎的な内容は十分に網羅されていますので、普段の授業を補ってくれる優秀なパートナーになってくれることは間違いないでしょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加